子育て支援

●2009年10月の記事

わくわくクラブ《影絵シアター》

2009年10月15日「わくわくクラブ」は《影絵シアター》と銘打って、影絵に挑戦

まずは、玄関のディスプレー。

 

CIMG3878a.jpg

 

先月のバルーンアートのとき以来、バルーンにはまっているスタッフ作で、うさぎとかめと蕾。

実はこれ、今日のプログラムにもなっているという、小粋な演出です

 

 

CIMG3839a.jpg

 

最初に登場したのは影子とチュー太郎。影絵の世界へいざなってくれます。

 

CIMG3840a.jpg CIMG3842a.jpg

うさぎとかめは2年前のわくわくでの影絵の時の遺産です。がらくたしか釣れないおぢさんが最後に釣りあげたのはなんとポニョ。

 

CIMG3853a.jpg CIMG3854a.jpg
在園児も一緒に観賞しました。         見たら、やってみたくなるのが子どものいいところ。


CIMG3847a.jpg CIMG3848a.jpg


最後は、コブクロの「蕾」。プロモーションビデオさながらの名演技。なかなか、むつかしいテーマ、むつかしい表現が要求される演目に、果敢に挑戦。
大人は真剣に見入ってしまい、中には涙する人も。年中児あたりから、絵だけでなく、ストーリーに込められているテーマも感じ取っているようです。


CIMG3850a.jpg CIMG3851a.jpg




CIMG3857a.jpg この三体に光をあてると、

CIMG3860a.jpg この方々。
2年前、わくわくで影絵に挑戦しましたが、今回その時のスタッフはおらず、全く初挑戦の3人でしたが、相当夢中でやっておられて、数年後は影絵劇団でも立ち上げるんぢゃないかと思うほどの熱の入りぶり。
今年度からの新スタッフさん、ノッテます。これをみてもわかります。
DSCF2959a.jpg
運動会でひときわ目立っていた未就園児席の表示もわくわくスタッフの作品です。ものを作り上げるというのは楽しいことだというのが、はた目にも感じられるのですが、そんなやりがいのあるわくわくスタッフはいつも募集中です。


園長は、幼少期に見たNHK教育TVの「おとぎとくに」という番組にあった影絵が心の底に影を残して以来、影絵の大ファン。ちょっと怖い感じがあるんですよね。
そして、影こそがものを浮かび上がらせ、平面を立体にする。
影こそが、心を深くする。
山陰って言葉を嫌がる人がいるのですが、静かに誇るべきものだと思っているのです。

月の明るい季節。月光のもと、親子で影絵に興じて来てはいかがでしょうか。

 

 

びさいようちえんウェルカム・デー2009

10月7日(水)は、びさいようちえんウェルカム・デーでした。

 

DSCF30421.jpg DSCF30432.jpg

 

好きなお部屋に自由にいてもらったあと、すみれ組が鼓笛隊演奏で歓迎です。


DSCF30283.jpg

 

 

DSCF30274.jpgDSCF30295.jpg見て下さった人に感想を求めると
「かっこよかった」「感動しました」「迫力がありました」等々、あたたかい言葉を園児たちにくださいました。





そのあと、園長のガイドによる全室ツアーにいきました。

DSCF30446.jpg

ちゅうりっぷ組はねんど遊びをしていました。

DSCF30488.jpg担任が話すクラスの様子に、耳を傾けるお母さん方でした。

DSCF30477.jpgねんどは、人工物でかこまれた私たちの部屋の中に持ち込まれた自然です。混沌とした創造性がむくむくと起き出します。



DSCF30499.jpg

 

さくら組では茶壷の手遊び。

大人でもできない人もいるのでは・・・・?

 

 

脳をトレーニングしたかったら、手遊びはいいでしょう。大脳新皮質がはたらきますから。

 

 

 

DSCF305010.jpg できた!と歓声が上がります。つづいて、えほんのよみきかせ。
聞く力を養いたいなら、えほん!

 

2歳児たんぽぽ組では、同年齢の未就園児さんが帰るのを、在園児さんが嫌がって、引きとめて遊び続ける一幕も・・・・

 

飾らない、ふだんの保育室の様子がお分かりいただけたと思います。

 

来てくださった方の声は、というと・・・・

「園児たちの元気な様子が伝わってきました」「鼓隊演奏が見れてよかった」

「園児たちとのふれあいがあると楽しいかも・・・」

「園長先生の各クラスの案内がよかった」

「各クラスの保育内容や子どもたちの各年齢の成長がわかりよかったです。どの子も輝いてますネ」等々(アンケートより)


 

お天気の悪い中、ようこそお越しくださいました。また、遊びに来てくださいね。