今日のびさい

本物体験から産まれた遊び②

年長5歳児すみれ組。

自分たちの普段食べているお米がどこから来ているのか知りたくて、出掛けた南部町の田んぼ。

井田さんに田植えを教えていただいてから早5ヶ月。お米が収穫時期を迎えました。

 

P1180457.jpg

 

今回は稲刈りに挑戦です。

 

P1180465.jpg

 

鎌の持ち方と、稲の持ち手を井田さんに教えてもらいました。

 

CIMG3958.jpg

 

 

 

P1180467.jpg

 

小指を切らないように稲の持ち手は親指側を下にして持ちます。運動会後の子どもたちは「カラーガードの横回しの時の持ち方だ!」と興奮気味。

 

P1180471.jpg

 

刈った稲は、稲を使って結んで束にしていきます。稲は捨てるところがないんですね。

 

P1180476.jpg

 

はで掛けも体験させてもらいました。

 

P1180477.jpg

 

こうして稲刈りを体験したすみれ組。土から始まってお米や食べ物はできているという井田さんの話が印象的でした。

「先生!ラQで田んぼできたんだ!」ある子どもがいいました。

 

P1180494.jpg

 

きちんと土から表現されていることに驚きです。これも本物体験から産まれた遊びですね。

稲刈りを体験させてくださった井田さん、本物体験をありがとうございました。

 

本物体験から産まれた遊び①

年長5歳児すみれ組。

お魚探検隊〜水揚げ篇〜

ふらっと立ち寄った海で船がぼくたちに近づいてくる!「おーい!」って呼ぶとぼくたちの目の前に!

 

P1180407.jpg

 

漁師さんがぼくたちの前にやってきて、今目の前の海で獲れた魚をみせてくれた。

 

P1180409.jpg

 

 

P1180410.jpg

 

こんなに多様な魚がぼくたちの前に現れて

 

P1180417.jpg

 

最初は恐る恐るさわるぼくたち。でも慣れてくると、

 

P1180433.jpg

「これがホウボウかぁ」色んな魚に触って色んな魚の名前を覚えた。

続いてお魚探検隊〜市場篇〜

ぼくたちは水産物直売センターに魚の売り買いを見に行った。

P1180483.jpg

市場の人は聞いたことを何でも教えてくれた。
CIMG4008.jpg

P1180490.jpg

CIMG4018.jpg
何して食べるとおいしいとか、魚の名前や、なんで干物にするのかとか色々教えてもらった。
市場にもホウボウがいてなんだかうれしかった。
そして園に帰ってこんなものができた。
P1180493.jpg

そうです。あれです。この見事な羽の色はまさか・・・・

P1180492.jpg

ラQという玩具で創った「ホウボウ」です。本物体験から産まれた遊び。
お世話になった中野港の漁師さん、境港水産物直売センターのみなさん、ありがとうございました。

 

遊びの中で創り出す

年長5歳児すみれ組。

運動会シーズンの頃、密かに流行っていた遊び。

 

P1180391.jpg

 

そう、「国旗の書き写し」。多様な国があって多様な模様の国旗があるのが妙に魅力的。

 

P1180394.jpg

 

時間を忘れて書き込み、ぬり込む。

 

P1180395.jpg

 

同じような模様なのに色の配色が違うと違う国の国旗なると興奮して説明してくれる子どもたち。

 

P1180396.jpg

 

「よし!積み木の国の国旗ができた!」「自分で考えちゃった」

積み木の国とは、子どもたちの創る物語の詰まった積み木スペースのこと。

 

P1180399.jpg

 

飾られたオリジナル国旗。遊びの中で創られたオリジナル国旗。図鑑には載っていない国旗。

 

P1180400.jpg

 

今回は2種類完成したそうな。

うめぐみ、こうめぐみ    寒天で遊んだよ!!!

みんな集まってきました!


IMG_1025 (1).jpg−1.jpg





わあ!!!
IMG_1028.jpg
あっ!!!



IMG_1040.jpg
あっ!!!



IMG_1735.jpg
あっ!




IMG_1041.jpg
手をのばしてとろうとするほどです。

IMG_1736.jpg
同じ色を集めたりして




IMG_1042.jpg
つんつん


 


道具があると、切ってみたくなるのかな
IMG_1045.jpg
IMG_1737.jpg


IMG_1724.jpg
左手でしっかりと寒天を抑えています。




IMG_1734.jpg
ぎゅっぎゅっ
つぶすんですね。おもしろい!!



IMG_1044.jpg
ペットボトルの中に入れても、寒天がユラユラ揺れて楽しいよ。





 

こうめぐみ ダンボールのバス つながる つながる

運動会が終わり、こうめ組のお友だちは、うめ組さんがしていた、『おべんとうバス』の競技がやってみたかったのです。

ダンボールのバス 「乗りたかったあ」「押したかったあ」

トマトやきゅうりなどのおかず 「持ちたかったあ」「運びたかったあ」。

遊ばせてもらいました。

 

IMG_1693.jpg

いちごやごぼうをバスに乗せて、僕らも乗ったよ。

IMG_1695.jpg

 

もう一台つながったよ。

 

それを、見ていた男の子が一人。

「僕も」表情で知らせます。

そして!!!

 

IMG_1715.JPG

 

つながりました〜

 

IMG_1710.jpg

 

 

秋晴れさんぽ♪

 

天気がコロコロかわる今日この頃・・・

今日は天気も良いので、きたろう電車を見にお散歩に出かけました^^


IMG_1012.jpg

踏切で聞こえる遮断機の音を真似して、「カンカンカーン!!」

と言ったり、

「ぽっぽーーー!! 」

とちょっと興奮気味で指をさしてみんなに教えてくれるお友達も!!

言葉が少しずつ増えて来た1歳児クラスの子どもたち!!

声に出して伝える事の楽しさ、言葉にして伝えられるうれしさが伝わってきます♪


そのあと、近くの公園で・・・

IMG_1014.jpg

ひとやすみ〜からの〜


大人気すべり台!!!!


IMG_1015.jpg



IMG_1017.jpg

前向きで滑るのちょっと怖かったけど・・・勇気をだして、足から!!!


IMG_1018.jpg

腹筋使って、倒れないように耐えてます!!!!!!

IMG_1020.jpg

見てみて!!!!!階段をのぼる足も、こんなにたくましくなりました!!!!!一人でのぼれるよ!


運動会を経験して、歩くことや走ることを、お家の人に見てもらい、なんだか自信もついてきたようです!!!


今度は遠足!!たくさん歩いて、めざせ!!!たくましい足腰!!^^




 

 

 

さくらで月見

桜と月見って?

ねがはくは花の下にて春死なん そのきさらぎのもちづきのころ

西行の辞世の句を思い起こします。でも、そんな話ではなくて、さくら組の部屋がお月見部屋になっているという話です。

 

bIMG_5511.jpg


いろんなお月様があるでしょ?bIMG_5513.jpg


子どもたちが見たり思い浮かべたりした月を描いているのでしょう。

実際、子どもたちは月を発見する名人です。bIMG_5512.jpg


先生が堰堤から見つけてきた植物(柿の葉やヘタ、藤のタネの殻など)で展示のタイトルがディスプレイされています。
なんかお団子とすすきも飾りたくなっちゃいますね。

 

 

 

こうめぐみ 登るよ!乗るよ!

昼間も過ごしやすくなってきて、外で遊ぶ機会が増えてきました。

2階のテラスから見ていた園庭

 

IMG_1443.jpg

 

 

 

 

歩き始めたばかりのお友だちは、”靴を履いて歩く”ということが、まずは、一大事です。

靴に慣れるまで、ひとまず園庭に立って周りを見渡しています。

 

慣れてきたお友だちは、

 

 

IMG_1532.jpg

 

ログハウスに登ろうとしています。

高いところを見つけると、登ってみたくなるんですね

 

 

 

IMG_1533.jpg



車の乗り物のおもちゃを見つけると、乗っています。

IMG_1534.jpg


これから、外でいっぱい遊ぼうね!!

 

できることがすごいこと?

うめぐみです^^

 

美哉幼稚園の未満児クラス(満一歳・一歳・二歳)には、

本園独自の「パーソナルタイム」という、個々の遊びの時間を保障し、

ゆっくり、少人数であそぶ時間を設けています。そんな時間の一コマ・・・

 

IMG_0905.jpg

 

 

自分で選んだ玩具を、自分で持って来て、思う存分遊んで、遊び終わったら自分で片付けます。

IMG_0888.jpg

 

春には難しかった玩具も、毎日挑戦する事でできるようになってきます。

 

でも、この玩具をできるようになる事が目標ではありません。(子どもたちは完成させることが目標ですが!)

月齢をかさねていけば、いつかできるようになってきます。

 

保育者は、遊ぶ楽しさや、完成する喜び、達成感を、味わって欲しいとおもっています。

 

この玩具ができたから、すごいというような視点ではなく、

自分で選んだ物を、最後にはできても、できなくても自分で終わりを決め、片付ける。

「自分で」という自立や、「選びー遊びー片付ける」という秩序を身につけて欲しいと思っています。

 

遊びを通して、人としての土台を築いていって欲しいとおもっています。

 

逆に人としての土台を遊びの中で培うことができるなんて、なんて遊びってすばらしいんでしょうね^^

 

 

IMG_itito.jpg

 

絵本を通して、想像力もめばえます^^コミュニケーションの力も!!

絵本の木イチゴおいしそうだから、おともだちにもお裾分け〜^^

「ど〜ぞ♪」

食べるマネっこ  →  模倣する力・表現力

 

遊びの中で様々な力を獲得していく子どもたちですね!!

 

 

 

 

研究発表の夏

幼稚園の夏は研修シーズンです。

そして、今年は研究発表もしました。

IMG_5056.JPG

ひとつは、鳥取県私立幼稚園・認定こども園教育研修大会で、畑野先生と門脇先生が「自立性・自発性を育む未満児保育の環境づくりー認定こども園事始め」と題して発表をしました。認定こども園になって3年目を迎える今年、立ち上げからこれまでの歩みを振り返ってひとまとめすることができました。

 

IMG_5057.JPG

 

びさい未満児の保育形態は、どこの園でもやっているというものではありません。かっちりした担当制やコーナー設定保育をしている園は多くないようで、発表を聞いた保育者でさえ、私たちのしている保育の流れが想像できない人が多いようでした。なので、改めて自信を持つと共に、その保育形態を保護者の皆様にも伝えなきゃいけないなと思った次第です。またいつか、聞いていただく機会を設けます。

 

IMG_5058.JPG

 

 

もう一つは私立幼稚園中国地区教育研修会で、米子と境港の園で作られている幼児教育研究会が共同研究として「子どもの姿・見とり・言語化ー使って学ぶ『教育要領』」と題して発表しました。美哉からの研究員として池淵先生が立たれました。

IMG_5341.jpg

認定こども園の先生は、こういう研究によって日々の自分を振り返り、保育を向上させ、子どもが豊かに育つ道を模索し続けているのです。

IMG_5340.jpg

うちの三先生、みな堂々たる発表でした。

(園長しるす)