今日のびさい

交通安全マスコットの見本

今年度のマスコットの見本です。制作のご参考に。遅くなりました。

IMG_5008.JPG


IMG_5009.JPG

IMG_5010.JPG

IMG_5012.JPG

IMG_5011.JPG


「びさいみずのはら」

年長5歳児すみれ組。

1学期が終わりました。すみれ組の1学期を一言で言いますと、新採園地の「開墾」です。

P1170974.jpg

P1170971.jpg

 

草を抜き、石を掘り出し畑を作る場所を開墾していきます。

 

 

P1170972.jpg

 

草を取るもよし、石を掘り出すもよし、穴を掘るのもよし、ちょっと虫を探すのもよしです。

 

P1170973.jpg

 

 

石は色々な大きさのものがでてきます。大きさを競ったり、数を競ったりしながら「働き遊び」を楽しみました。

P1180061.jpg

 

色々な人の協力を受けながら畑の全景が見えてきました。クワも振るったすみれ組です。

 

P1180065.jpg

 

「耕す」という体験をしたことのある子どもは少なかったです。

 

P1180153.jpg

 

畑が完成した後は、育てたい野菜を買い付けに行きました。もちろん開墾のお礼ですので、全てすみれ組さんが選びました。

 

P1180154.jpg

 

すみれ組の買い物は非常に多様で、苗やら種やら楽しそうに選んでいました。

 

P1180157.jpg

 

苗や種を植えるのに興奮しているすみれ組です。だって開墾からこの地に通っているのですから。

 

P1180262.jpg

水やりにも毎日通いました。これは野菜を鳥から守る手作りかかしだそうです。
P1180285.jpg

 

ちなみに畑の反対側の野草は抜きません。虫のパラダイスです。

 

P1180284.jpg

 

井戸水が近く、石もたくさんあるので泥水遊びも盛り上がります。現在枝葉に分かれた川ができています。

 

P1180286.jpg

 

おーい!なにをみてるの?

 

P1180287.jpg

 

「先生!かえるが来たよ!」土と水と野草が豊かな証拠ですかね。

 

P1180290.jpg

 

子どもたちと対話したところ、「水」があって「野原」があるから「びさいみずのはら」にしよう!という話になりました。「びさいみずのはら」うん。とっても素敵です。

 

 

こうめぐみ 考えている...?

 

講堂に長いトンネルがあります。


IMG_1351.jpg

 

くぐっているよ〜

それを、見ているお友だち

 

 

IMG_1352.jpg

 

出てきたお友だちが、トンネルの入り口にいた子を呼びます。

そして、出口で待っています。

 

 

IMG_1357.jpg

 

今度は反対だね。

 

 

IMG_1353.jpg

見ていたお友だちは、

よ〜し、やってみよう。

この日は、トンネルの途中まで行って、戻ってきました。

 

 

 

 

ある日…

幼稚園の玄関の階段などの段差

最近では、どうやって降りるか、よ〜く考えた後、

 

 

IMG_1310.jpg

 

下を見て段差を確認して…

 

IMG_1312.jpg

 

足を後ろにして、『よいしょ』と用心して降りています。

 

日常の一つひとつ中に、小さいながらも『考えている』瞬間があります。

虫採りで育つー38回園長通信

夏休みを前に駆け込みセーフの、今年度第1回の園長通信です。「22世紀を迎えるために」というタイトルも10年経ったらそんなに大風呂敷な感じじゃなくなりますね。

今回は、特におやぢ樣方に捧げたいエッセイとなっております。

 

22cをむかえるためにvol.38虫採り.pdf

こうめぐみ こんな瞬間があります

暑い日が続きますね。

 

IMG_1309.jpg

覚えていますか?このモビール
春に、子どもたちを笑顔にしてくれていたモビールです。 
最近では、触ってみたいなあと、指差して・・・

IMG_1308.jpg

 

保育者に抱っこをしてもらうと、指先まで伸ばして触ろうしています。

 

 

 

そして、こうめぐみさんの1日の中で、こんな瞬間が

 

IMG_1264.jpg

あっ!!遊んでいる

 

 

IMG_1296.jpg

 

遊んでる

 

IMG_1300.jpg

木のビーズをつまめるようになって、好きにビーズを動かして見たり・・・


 

 

IMG_1221.jpg

 

右手と左手を何度も動かして、乗り物をレールの上に・・・

 

ただ、小さい子どもたちにとっては、瞬間です。

 

 

 

 

IMG_1261.jpg

 

何かな、何かな

 

 

IMG_1262.jpg

 

水遊び!!!

 

 

IMG_1304.jpg

 

どうやら、こうめぐみさんも、水には夢中になっています。

こんな瞬間もあります。

 

子どもたちは一瞬一瞬を積み重ねて、日々少しずつ違う姿を見せています。

夏は、まだまだ続きますから、時々休みながら、こんな時間を積み重ねていければと、考えています。

 

 

こうめぐみ 探検は続く...

雨よりも天気のいい日が続いていますね。

こうめぐみのお友だちは、

今日はどこに遊びにいこうかな…

 

IMG_1158.jpg

保育室の扉の前まで行って、 行きたいな!! 行きたいな!!



園舎を探索していると…
すみれぐみさんに歌を聴かせてもらえることも!!!


IMG_1025.jpg
優しい歌声に、聞き入っています♩




この間は、二人仲良くダンボールカーに乗りました。
IMG_1160.jpg


いつも歩いたり、ハイハイをしたり…抱っこをしたりしてもらって通る廊下が、いつもと違うみたいで
思わず体も前のめりになります。  

 

それから、ダンボールカーの揺れも心地いいようです。

 

 

 天気のいい日には、外に遊びに行けるようになってきました。

IMG_1161.jpg

これは何かな…

 

IMG_1162.jpg 

 

カメさん!!

玄関に行くと、どうしても気になって、毎回みています。

「ふう〜」「わ〜」「お〜」

自然と声が出る子、ジっと声も出さず見つめている子、反応は様々です。

 

 

 

 

IMG_1115.jpg 

 

保育室の横にある、屋上園庭の砂場もお気に入りになってきました。

砂の感触に慣れてきて、夢中になると黙々と触っています。

砂場を歩いて、足の裏で砂の感触を楽しんでいますよ。

 

夏がくる前の涼しい間、こうめぐみさんの探検は続きます。

うめぐみさんの探求物語

 

ある日のできごと。

屋上園庭で遊ぶとき、トマト水やりがぼくの日課。

ジョーロに水を入れるのはいつも先生。

ところで、どーやって水出るんだろ〜?

(水道をじーーっと観察!先生が水出すとこも見てました)

IMG_0606.JPG

どれを使うのかな?

(水道の蛇口の水を出す栓=「ハンドル」といいますが、それは取り外し可能のもの)

IMG_0607.jpg

お!!!!!これだーーーー!!!

(ひもでぶら下がっているハンドルを発見)

???どーやってつけんの??


IMG_0608.jpg

ここじゃない??

(一緒に考えてくれる友だち登場!!ハンドルがはまると二人で拍手^^)


IMG_0609.jpg

つぎは〜ホースの先っぽどこだ??

もーー先生!!!ホースちゃんと整頓しといてよーーー!!



IMG_0610.jpg

み〜つけた!!!!

ジョーロに先っぽいれて〜〜〜

IMG_0611.jpg
(しばらく考えたり、試したりしてましたが・・・)

やっぱぼくの力じゃ水でない・・・・・・(ため息・・・)

今日はここまでだ!!!次なにしてあそぼっかな〜




子ども達の観察力はすばらしい。そして、やってみよう!!!と挑戦するきもちもすばらしい。

まだ「ひねる」という動作がむずかしく水は出せませんでしたが、

このエピソードの中に、観察する姿・やってみようと挑戦する姿・試行錯誤する姿・助け合う姿が見られました!!!


まだ1歳だけど、こんな力があるんです!!!

この力が生涯の思考力の土台になって行く事でしょう。




 

こうめぐみ 幼稚園でみーつけた!

気がつけば、もう6月ですね。

こうめぐみのお友だちは、一人一人のペースで幼稚園に慣れてきていますよ。

小さな小さなこうめぐみさん。お家の方と離れての園生活は、子どもさん本人にとっては一大事です。いつもそばにいてくれた、お母さんやお父さんがいないのですから。

一人ひとりのそんな気持ちを想像すると、幼稚園が少しでも楽しい場所になればと思いますが、お家の方と離れて過ごす時の悲しい気持ちも大切な感情です。おもいきり泣いて、何日も泣いて、そして少しずつ慣れていってもらえたらと、考えています。

 

そんななか・・・

子どもたちがおむつ交換の時に、よこになった時に見える景色です。

 

IMG_0999.jpg

 

この 白い鳥さん

ユラユラと揺れる白い鳥の動きにフッと目をうばわれ、おむつ交換の時に子どもたちを笑顔にしてくれます。

 

IMG_0963 (1).jpg

 

別の場所にはこんなタイプのものも。

ユラ〜ユラ〜と揺れる様子に心が落ち着きます。

 

 

 

 

IMG_0903.jpg


木の車 悲しい声を出していても、(あれ、動くぞ!)という表情で気がつけば、この車に夢中になっていました。


IMG_0900.jpg


ついには、自らおもちゃのそばへ行って・・・遊びはじめます。



園舎内や園庭に行くと発見だらけです。
すみれぐみさんの歌に聞き入っていたり、

IMG_0951 (1).jpg

 

 


 

(あっ!!)と、みつけたものを指さし

 

IMG_0979.jpg

 

テラスから、大きい友だちを見つけたりして・・・

 

 

もうすぐ梅雨です。4月からまだ2カ月。

小さなこうめぐみさんの小さな一歩。

一日一日、一人ひとり おもしろいこと たのしいこと を見つけていますよ。

泣いていた入園当初が、いつか、懐かしくなってしまうのでしょうね。

つばめさん続報

つばめさんの巣から、あかちゃんつばめの頭がやっと見えだしました。

つばめMG_3999 .png

つがいのつばめが飛び交って、交互に、ときにはいっしょにやってきて、(二羽いるのみえるかなあ)

つばめ2017.5.21.png

頭が見えているのですが、写真では分かりにくいなあ。
つばめ2017.5.21IMG_3997 jpg.jpg

幼稚園の玄関の右側、さくら2組の窓の上方あたりです。どうぞ探して見えください。園庭を飛び交うつばめが行き先を教えてくれるかもしれません。

空手事始め

昨年度から念願の空手をはじめました。対象は、年中児と年長児。

指導は三村健一先生。これまでもイベント的な空手や講演等でお世話になってきましたが、いよいよ定期的にご教示いただけることになりました。全日本空手道連盟公認6段というのだからどんな段か想像がつきませんが、とにかく逹道の人なのであります。おまけにアシスタントに澤本由美先生という強い味方も加わって、スタートです。

 

 

はじめは先生が来られただけで空気がはりつめた感じで、子どもたちもかたまって(こわくて?)声も出ないようでしたが、先生のにこやかでユーモアのある指導を数回受けると、氷が溶けたように元気に空手の時間を楽しむようになったのでした。

 

Kara01.jpg

先生の身体からはずみ出る言葉がすごい。

大野一雄という舞踏家に『稽古の言葉』という卓抜な本がありますが、空手版「稽古の言葉」ができそうなくらい。

 

K3.jpg



Kara4.jpg

Kara6.jpg
まだ「はないちもんめ」な感じですけど蹴りです


Kara8.jpg

一年を通して少し少し身に付いて行きます。

Kara9.jpg
ゴールデンウィークあけの8日から、今年度の空手が始まります。新さくら組みさんははじめてです。さて、どうなることやら,楽しみです。