今日のびさい

●2013年11月の記事

脳科学と幼児教育―園長通信

忘れたころにやってくる園長通信です。

アートスタートフォーラムが米子で行われましたが、小泉英明氏の講演を聞いたおかげで書かずにいられなくなってすぐ書いたものです。文中に引用したのは『脳は出会いで育つ』という本です。

22Cをむかえるためにvol.24脳科学と幼児教育.pdf

それと、前回のものが上げてなかったようです。

22cをむかえるために23間違い.pdf

 


 

運動の秋

 

年中4歳児さくら組。

P1110814.JPG

 

 

久しぶりにさくら組で相撲大会が開かれました。

 

  P1110818.JPG

 

応援も盛り上がるのですが、自分の出番になると戦う表情になります。

 

   P1110820.JPG

 

毎回相撲っていいなと考えさせられます。

 

    P1110819.JPG

 

男女問わず本気の顔が見れるからです。

 

     P1110821.JPG

そこに「武器」はありません。使うのは身体のみ。

 

      P1110822.JPG

力と力。意地と意地。

 

ルールは簡単押し出すのみ。

 

       P1110823.JPG

 

横綱から小結まで入賞した子どもたちは、2度目の下剋上。年長すみれ組への挑戦です。

 

        P1110825.JPG

毎回この熱気をどう表現すれば伝わるのか悩みますが・・・

 

100人が一斉に「わーーーー」と大声を出しているというイメージです。

 

声援で会場が割れそうというのが表現として適格かもしれません。

 

         P1110826.JPG

 

前回は情けの1勝をプレゼントされた上に完敗のさくら組でしたが、

初戦からさくら組が3連勝したことで、年長さんの表情はみるみる激変し、本気のすみれ組を引き出しました。

 

結果、今回は8戦中3勝5敗。

 

さくら組の横綱が一言。「すみれ組は強かった。」

 

悔しさの渦の中での他者評価です。壁は高いほど燃えます。すみれ組さん胸を貸してくれてくれてありがとう。

 

 

 

          P1110827.JPG

秋も深まり子どもたちの遊びも面白い。女の子はびさいごっこをよくしています。

朝登園したばかりなのに、先生役が「それではお帰りの準備をしましょう」とか言って、また制服を着るわけだから、知らない人が見たら朝の支度ができてないと思われるかもしれません(笑)

 

           P1110828.JPG

継続は力なり。運動遊びを続けていますが、体に変化が現れだしました。

            P1110830.JPG

進級当初よりブリッジの高さが2センチは高くなっています。

遊んで運動する子。正しい姿勢でお絵かきする子。毎日雑巾がけに参加する子。鬼ごっこにすべてをかける子。様々ですが、確実に遊びは君たちの身体をパワーアップさせています。

 

えっ?何で身体を鍛えるかって?

 

答えは簡単です。強い身体は「心」を入れるうつわだからです。