今日のびさい

寒さの恩恵

年長5歳児すみれ組。

大寒波や寒波が続いています。寒さは嫌いではありません。寒さがふと気づかせてくれることがあるからです。

 

P1170621.jpg

 

米研ぎにすっかり慣れてきた子どもたちが、最近の寒さの中で口々に言います。

「せんせい!うちのおかあさんってすごい!毎日こんなに冷たい水でお米炊いてくれてるんだね」

手の凍りそうな冷たい水が、普段何気なくしてもらっていることへの恩を感じさせてくれます。


 

P1170632.jpg

 

 

この日の本堂掃除は特に寒さを感じました。

 

P1170634.jpg

 

「手が凍りそう!!」「足も凍るわ!」なんて言い合いながら丁寧に掃除をしました。

 

P1170635.jpg

 

「あのーせんせい。あみださまって名前呼ぶといつでも来てくれるでしょ!今日は手とか足は寒くないのかな?」

何ともおもしろい問いかけです。この問いも、自分たちが体感した寒さからの恩恵ですね。

●トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bisai-kindergarten.com/mt/mt-tb.cgi/841

●コメントする